第6回日本安全運転医療学会学術集会

会長ご挨拶

会長 写真

第6回日本安全運転医療学会学術集会
会長 佐伯 覚
(産業医科大学医学部リハビリテーション医学講座 教授)

この度、第6回日本安全運転医療学会学術集会を北九州国際会議場(福岡県北九州市)で開催する運びとなりました。本学会は「運転と認知機能研究会(2008年発足)」「障害者自動車運転研究会(2008年発足)」「自動車運転再開とリハビリテーションに関する研究会(2013年発足)」の3研究会が2015年に合同化し、前身の日本安全運転医療研究会として発足しました。本年(2022年)4月研究会組織を学会化致しました。学会化後初めての学術集会であり、コロナ禍が続いていることも予想されますが、十分な感染対策を行い現地で開催したいと存じます。

本学術集会のテーマは「安全な交通社会を支える多職種の連携」です。障害者や高齢者の自動車運転に係る諸問題について、現場では、医療、教育・研究、自動車教習所、行政ならびに企業などの多くの方々が関係しています。それぞれの役割や協働の仕方など、安全な交通社会を支える連携について活発なご議論をいただきたいと存じます。是非現地でお会いしましょう。

ページの先頭へ戻る